Coachella(コーチェラ)2020に出演アーティストでバズるのは誰?

MUSIC IN MY SOUL

 

Hey guys~ Are you amped to see Coachella 2020?!

今年も Coachella 2020 のラインナップが発表されましたね!

 

2020年のヘッドライナーは Rage Against the Machine, Travis Scott, Frank Oceanとのことですが、近年 Coachella は、アメリカで今年の顔になれるアーティストたちが集まる場なんですよね。

 

ラインナップの中に、これから人気出そうなアーティストが何人か入っていたので、今回は、Coachella 2020 出演アーティストを特集します!

 

※Coachella 2020年はコロナウイルスの影響で、秋ごろに延期になりました。



Coachella 2020 出演アーティスト:1 Olivia O’Brien(オリビア・オブライエン)

 

1999年生まれの20歳のカリフォルニア出身シンガー

 

2016年に Gnash とコラボレーションをしてリリースした”I Hate U, I Love U“でいきなり Billboard Hot 100 にチャートインし有名になった彼女

 

2017年にリードシングル “Empty” が入った初EP【It’s Not That Deep】、2019年にデビューアルバム【Was It Even Real?】をリリースし、今回デビューツアーの一環として、初 Coachella に参加します。

 

Olivia O’brien(オリビア・オブライエン)はZ世代のニューヒロイン

 

彼女に期待できるのはティーンエージャーに受けそうなこのルックスと声!!

 

最近では Kylie Jenner と仲のいい Anastasia KaranukolaouNikita Dragun と交流があって、まさにヤングセレブの一人なんです。

 

 

avatar

RIKO

可愛いし、スタイルもいいから日本でも人気でそう〜

 

Coachella 2020 出演アーティスト: 2 NIKI(ニキ)

 

こちらも1999年生まれの20歳で、インドネシア出身のR&Bシンガー

 

学生の頃にYoutubeにカバー曲やオリジナルソングを投稿や、15歳の時に Taylor Swift の【The Red tour】ジャカルタ公演のオープニングアクトでステージに立てるオーデション【Ride To Fame】で優勝した経験も

 

2018年には Halsey の【Hopeless Fountain Kingdom Tour】でツアーを回っていて、アメリカの人気アーティストにも認められる存在

 

今回は初インドネシア出身のアーティストが Coachella に参加します!

 

アメリカの音楽業界で過小評価されているアジア系のアーティストたちに自信をつけたいと語っていたので、今回の Coachella への参加は大きな一歩になること間違いなしです。

 

 

avatar

RIKO

アジア系のシンガーがアメリカでもっと活躍して欲しい