留学先で外国人の友達ができない6つの理由

no-foreign-friends.jpg GO ABROAD

 

皆さんは、留学先で外国人の友達がなかなかできないと感じたことはないでしょうか

 

『日本人とは仲良くなれるのに、外国人だと友達になる方法がわからない』

 

結論から言うと、あなたが外国人だと判断しているだけで、日本人でも適切なコミュニケーション能力がなければ友達を作るのは難しいと思います。

 

この記事では、留学先で、なぜ外国人の友達を作れないのかの理由をまとめた記事になります。

 

外国人と友達ができない理由について、今一度見つめなおしてみませんか。

 

コミュニケーションができる英語力がない

まず、人と仲良くなるには、当たり前だけどコミュニケーションが重要!そして、外国人の相手の場合は、そのコミュニケーションを支える英語力が必要。

 

英語での会話はできて当たり前という風潮が強いですが、日本人は英語ができないと既に思われていることはラッキーなことだと思います。

 

期待値が低い分、日本人で英語でペラペラとコミュニケーションをとれる人は注目されやすいからです。

 

avatar

RIKO

私も日本では、知らない人になんか話しかけないのですが、アメリカに帰った時などは、Uberの運転手と話してみたり、お店の人と無駄話したりしちゃいます 笑

 

誰とでもフレンドリーにコミュニケーション取れたら、友達もできやすいと思うので、友達になりたい人がいれば、勇気振り絞って話しかけてみてください。

 

また、そのためには、コミュニーションの鍵となる英語の勉強、頑張りましょう。

 

avatar

RIKO

会話が弾めば友達になりたいなと思われること間違いなし

英語上達のために作ろうとしている

英語を上達したいがために外国人の友達を作りたがる人がいますが、それは本当に間違いです。

 

外国人からも、『ああこの人はただ練習相手が欲しいんだ』と思われて、深く仲良くなろうとは思わないでしょう。

 

avatar

RIKO

私は、留学中に思っていたのは英語上達したいから友達を作ろうとは思っていませんでした。

 

一緒に楽しいことをできる友達が欲しいという感覚で作ってみてください。

 

自分で気になったお店や場所を見つけて、一緒に行きたい友達に誘ってみるのもアリかもしれません

 

外国人の友達を英語力上げるために作ろうという意識ではなく、誰か楽しいことを共有できる相手を探そうという心意気で作ってみてはどうでしょうか?

 

avatar

RIKO

楽しいイベント事とかを相手のために見つけ出せれば、相手も乗ってくれるはず!